"「お母さんはうちで一番先に起きる人」になると子供が起きる時間、朝ご飯の時間、おやつの時間、昼寝の時間、夕ご飯の時間、お風呂に入る時間などが自然に正確に決まってくるものです。
そうしてこのハンで押したような規則正しい生活を、日曜日であろうが、祝日であろうが、お客さんが来ようが、頑として崩さないことが、子供を心身ともに健康に育てるコツなのです。子供の健康を願うならこのことを守りましょう。
自分も遊びたい、子供も健康でいてほしい。これは欲ばりというものです。二兎を追うものは一兎をも得ずです。また別の見方をすれば、先に苦労するか、後で大苦労するかです。
   
特に子供が三歳にならないうちはこのことが大切です
たとえば三歳未満の子供を連れて海水浴に行ったり、動物園へ行ったり、あるいは温泉へ泊りがけで行ったりするのは、子供にとって害にはなっても、なんのプラスにもなりません。
たしかに子供はその時は喜ぶし、楽しそうにはしゃぎまわります。しかしそれはそれでしかなく、実際には健康の上からも、躾の点でも、情操教育効果の面でも、まったく無益で、結果的にその子供が心身共に疲労するだけなのです。
   
親のほうにしてみれば、現実に子供は喜ぶし、子供にこれだけのことをしてやったという満足感を覚えます。この満足感を持つことはいいことだし、また必要なことでもあるのです。しかし子供が三歳を過ぎないうちは残念ながら無駄なことなのです。
   

「心 身共に」のうち、まず心のほうについて述べましょう。そういう所へ三歳にならない子供を連れて行っても、親子の絆を特別に強めるという効果はありません。 言い換えれば、そんなことに頼らなくても親子の絆はでき上がっていくということです。知能の面についても、三歳にならないうちは言葉と時間をしっかりとは 覚えていないので、海水浴や動物園や温泉に行ったことが記憶として残って、その後の知能の発達の役に立つということはほとんど期待できません。
次に心身の「身」のほうですが、これはふだんの生活と違うことをしたことによって、そのこの子の日常生活のリズム(体内時計のリズム)が崩れ、極度に疲労するのです。その結果、ふだんなら寄せつけない病原体でも身体の中に入ることを許してしまう、つまり病気になる可能性が高くなります
   
三歳未満の子供にとっては海水浴や動物園や温泉に連れて行ってもらうよりは、お父さん、お母さんと一日中、いつもやっている積み木だの絵本だので遊んでもらうことのほうが、ずっとありがたいのです。
子供を連れて遠くへ行ったり泊ったりするのは、子供が三歳を過ぎてからにしましょう。
海の水が塩からいのも、虎とライオンが違うのも、三歳を過ぎてから教えて十分間に合うし、そのほうが効果があるのです。"

ドサンコの東京子育て&旅日記: 「母親は朝寝坊するな」の一喝に思うこと (via irregular-expression) (via mnak) (via petapeta)

どうせ使わない知識だろうけど。結婚したいなぁ…子供欲しいなぁ…無理だなぁ。

(via kuruyoku) (via uessai-text) (via makototz) (via mitaimon) (via kogure) (via akiyoshi) (via katoyuu) (via sakuma)

(via plasticdreams) 2010-08-24 (via gkojay) (via usaginobike) (via sfmm) (via c610)

(via brn303) (via yop-e) (via taxima2) (via kuenishi) (via makiton) (via cho-co) (via lunatickitty) (via rurinacci) (via suzukichiyo) (via x-117)

(via twominutewarning) (via mmqqbb) (via konishiroku) (via yokokick) (via motomocomo)

"「嫌なことを一生懸命我慢すること」が「頑張る」ことだと長らく思い込んでいたけれども、「頑張る」とは「最良の結果に向けて尽力すること」であって、我慢とは別物であると気づけて良かった。"

Twitter / 柿原華子 (via chihanos)

苦労も、それ自体が報われるものではない。

(via miyanaga)

2010-11-25 (via gkojax-text)

(via clione)

"ものごとを面白くするための5Kというのがある。 好奇心、観察力、行動力、向上心、謙虚。 とくに謙虚は大事。最初のワクワクした気持ちを忘れないことです。 (東儀秀樹/雅楽師) #meigen (via @shu1mina)"

Twitter/shu1mina (via kazu634)

(via konishiroku)

"

こんにちは、田中好子です。
きょうは3月29日、東日本大震災から2週間経ちました。
被災された皆様のことを思うと心が破裂するような、破裂するように痛み、ただただ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。


私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。
でもその時は必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。
それが私のつとめと思っています。

今日お集まりいただいたみなさまにお礼を伝えたくて、このテープを託します。
キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。
幸せな、幸せな人生でした。心の底から感謝しています。
特に蘭さん、美樹さんありがとう。2人が大好きでした。
映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。
もっともっと女優を続けたかった。
お礼の言葉をいつまでもいつまでもみなさまに伝えたいのですが、息苦しくなってきました。
いつの日か、妹・夏目雅子のように、支えて下さった皆様に、社会に、少しでも恩返しできるように復活したいと思っています。
かずさんよろしくね。その日までさようなら。

"

NHK「かぶん」ブログ:NHK | 取材エピソード | 田中好子さんからのメッセージ・全文です (via clione)

(via clione)

"58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/22(月) 17:57:01.07 ID:KFiw7utQ0
流れ星にお願いをすると叶う訳を知っているか?
それは、本当に叶えたい事があるヤツは、流れ星が落ちるほんの一瞬の間でも、常に願いを叶えたいと思っているからだ。
"

イフカルト:ガチでカッコイイと思った名言 (via yomyomyom) (via lunaryue) (via rightstaff) (via yangoku) (via iyoupapa) (via mono-girl) (via benewmeister) (via yasunao-over100notes) (via from-dusk-till-dawn) (via shuhey) (via fialux) (via tatsukii) (via konishiroku) (via yaruo) (via shinjihi)

"母さんが言ってたんだ

『宇宙人がいる派の方が有利なのよ?
だっていない派はたくさんある星に絶対に1人もいないことを証明しなくちゃいけないの
でもいる派はたった1人の宇宙人を見つけるだけでいいのよ』

母さん、お盆休みには帰ります
"

暇人\(^o^)/速報 : 地球外生命体が存在する確率って殆ど0らしいな(リンク有) - ライブドアブログ (via nobody-nogroup)

"生徒「こんなことやって将来何の役に立つんですかー?」 先生「こんなことも出来ない君は将来何の役に立つんですかー?」"

ふぁぼったー / Nanakusa17 : 生徒「こんなことやって将来何の役に立つんですかー?」 先生「こんなことも出来ない君は将来何の役に立つんですかー?」 (via ssbt)

(via honeystumblr)

"地味なことをコツコツやります。
 よく言うんですけどね、
 「毎日しっかり寝て、しっかり食って、
  人と仲よくしてるやつは、恐ろしいぞ」なんです。
 いい年になってから、そういうことがわかりました。
 恐ろしいやつになりたいと思います。"

ほぼ日刊イトイ新聞 - 目次 (via toriaji) (via takojima) (via deli-hell-me) (via yuco) (via oosawatechnica)
2009-11-09 (via gkojay) (via usaginobike) (via edieelee) (via ishida) (via usaginobike) (via shimanashi) (via nemoi) (via monoprixgourmet)

"スペイン人と結婚してスペインに住んでいる女性 R子さん。
脳にある問題があるのがわかった。
遺伝子系の病気で 少しずつ 脳が 閉じていく。
閉じてというか 機能しなくなっていく。
二年後には 完璧に植物人間になるそうだ。

この夫婦 ずっと離婚しそうな かなり悪い状態だった。
というより 夫のほうが 離婚を望んでいた。
でも このことがあって 夫は 仕事をやめて 今 使ってる事務所や家などを貸して
日本に住んでも良いと 言い出した。

わたしも母も このことにすごく感動したのだけど
まわりのスペイン人は 当然のことだと言う。
夫婦だから。
関係が悪くなっていたとしても 夫婦なんだから なんか問題が起きたら
一緒に対処していく。
当然だ。

遺伝子系の病気で 彼女の父親もそれで亡くなっている。
今まで 夫は知らなかった。
もし日本だったらそれだけで 大問題にならないか?

これから 脳が萎縮して行くにしたがって
たぶん スペイン語の部分も 消えていくから
彼は日本語を学ぶ。
こんなに一生懸命になれるって すごい。

従姉妹は わたしより年上で
だから時代的には 昭和四十年代のことだったとおもうけど
癌になった時 強制的に離婚された。

もちろん時代は違うけど

なんか いいな と思う。

関係が悪くなっても 一度は とっても 愛したことのある人だから
たいへんなとき 寄り添っていけるんだね。



彼女に対して ちょっと 怒ってたことがある。

3人目が生まれた時 
「いやーだ 動物みたいにぽろぽろ産んで。
わたしの階級の友だちは みんな せいぜい一人しか産まないわよ。
一人か わたしみたいに全然産まないか。
夫婦関係だってね 甘い部分もぜーんぶ 消えちゃうわよ。」

って言われて ふんっ 
て 思った。
でも たぶん ほしいけど 産まなかったんだね。
この病気のことがあるから。

時々 だれかのあるひと言で 傷ついたり 怒ったりすることがあるけど
でも そういうひと言の裏には ほかに何かあったりするんだろうな。

彼女に 料理をいくつか習ったことがある。
結婚したての頃。
感謝してます。"

村人生活@ スペイン - 夫婦 (via fyfyfy)

(via monoprixgourmet)

"

人の話の聴き方が上手い人には共通する特徴があって、それは列記するとこのようなことだと思う。

 1.人の話をおもしろがって聞く。

 2.なにか広がりそうなところがあると、そこを聞いてみる。

 3.相手がなにを話しても、攻撃的にならず、たしなめ方が上手い。

 4.自分の話もするのだけど、それはあくまで対比としてする。

 5.自分の話をするときは、たいてい、一歩下がった位置でおもしろおかしい失敗譚が多い。

 6.相手が話したがりそうなところを見つけるのが上手い。

 7.話し手を全肯定する。

 8.ちょっとぐらい矛盾があってもつっこまない。

 9.相手の話を否定しない。

 etc……

 これってなんなのだろうと考えると、ホスト・ホステスの話の聴き方に近い。

 ひとことで言えば、話し手を主役にするのが上手い人なのだと気付いた。

"

(via footwork) (via ssbt) (via aya-brea-har)

嫌われ易い人は、他人の話に乗っかって”俺なんか…”“私なんて…”で突っ走り、自分の事を聞いて欲しい香りをぷんぷんさせる人。

(via iiithurboiii) (via hayami) (via subdub) (via kimrash) (via tinyreminder) (via mdnlvs)

(via wakaouji) 2009-12-27 (via yasaiitame) (via ak47) (via petapeta)

(via kirikiriderry) (via arkeninger) (via rarihoma) (via konishiroku) (via dyasui) (via tokunoriben) (via kiri2)

(via clione) (via bo-rude) (via memo500000000) (via soulboy)

(via mnak) (via petapeta) (via nashi-kyo) (via iscas-tessai)

(via plasticdreams) (via erewwa)

(via yaw11) (via canaliar)

(via himatbshiz) (via takashi0215)

(via s-hsmt)

(via hsmt) (via tashin) (via plasticdreams) (via tessar) (via shinjihi)